”なにわちょろけん”とは

かつて門付け芸としてなにわの人々に愛された「ちょろけん」。シャッポをかぶり、大きな寸胴に描かれた顔はペロッと舌を出し、何ともユーモラス。大阪弁の「ちょける(おどける・ふざけるの意)」の語源ともいわれ、江戸時代の街中を「ちょろが参じましたちょろを見る人福来たる」と囃しながら歩く姿は、なにわが産んだゆるキャラの元祖ともいえます。

図:江戸時代のちょろけん

ちょろけんシリーズにつきましては、数に限りがございますため、
店頭販売限定とさせて頂いております(当店お取り寄せページを除く)。